« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/29

Солнце

近所の映画館でも『太陽』の公開が始まったので

早速出かけてみました。(注:週末のお話)

残念ながら、整理券が出るほどの人気らしく

満席で入れませんでした。

今週末再度挑戦してみようと思います。

Joinされたい方、お声掛けくださいまし。

| | コメント (0)

Sure, if you really wanna talk about stopping the decreasing birth rate

前回のエントリとも関連します。

政府が金銭的な補助をしてくれるというのであれば

それはそれでありがたいのですが、

まさに槍玉にあがりそうな世代の私が提案するのは、

週40時間以上の就労を規制すること。

ウチのダンナ様、この3ヶ月ほど1日12時間、

週末なしでほぼぶっ続けで勤務しております。

パソコンの前に座り続けているおかげで

肩こり、腰痛、頭痛も併発しております。

余談ですが、週末がないおかげで、6ヶ月前の引越しの

荷物がそのままダンボールの山となっており

私のイライラ加減も頂点に達し、家庭内に不和をきたしつつおります。

(注:半分冗談。部屋2つ分のダンボールの山は

すべてダンナ様のものです。sigh...)

就労時間を規制することで、

家庭はハッピー → プライベートに費やす時間を確保できる

健康保険もハッピー → 過労死や働きすぎによる体調トラブルから来る通院の激減

企業もハッピー → 光熱費の削減(地球にやさしい!)、残業代、組合とのトラブルも激減

ニート対策、は言い過ぎかもしれないけど →

一人に負荷がかかっている分をシェアして、新たな雇用を生み出すこともできますよね。

(ワークシェアリングだ!)

しかも、これに関して大幅な費用は一切かからないんです。

(はず。企業が新しく人を雇う以外は。落とし穴があれば、こっそり教えてください)

何と素晴らしいアイデア。

短絡的かもしれませんが、手っ取りばやくでき、

いい解決策だと思うのですが、

厚生省の皆様、いかがでしょうか。

    

| | コメント (2)

2006/08/28

How many hours do you work a week?

ここしばらく再びSATCにハマっております。

今回改めて気づいたことが1つ。

1. ミランダがデートをしていた昇進のかかった同僚(?)弁護士の台詞。

昇進が決まった後で、

"Now I have to work 60 hours a week."

2. ブレディを産んで職場復帰をしたミランダの台詞

"I have to way cut my time, 50 hours a week... 55 top?"

(すみません、うろ覚えにて両方ともニュアンスだけで。)

週60時間って、1日12時間?

子供を育てながら、しかも"way cut"で1日11時間?

ウチも外資ですが、自分の記憶に間違いがなければ

規定は週40時間だったはず。

ということは、これは、弁護士特有の職務規定なのでしょうか?

それとも、役職によって異なる?

アメリカ人、よく働くとは思ってましたが

こんな職務規定の会社は遠慮したいなあ…。

| | コメント (2)

2006/08/17

How old is my brain?

ニンテンドーDSが我が家にやってきたので

早速脳トレを試しました。

第1回目の脳年齢...46歳だそうです。がーん。

本日34歳まで盛り返しましたが。

(問題自体の習熟度もかなり影響します。)

さて、今後どこまで脳ミソ的に若返ることができるやら。

ところでDSは、発売20ヶ月で1000万台の出荷を達成したとか。

店頭でもまだまだ入手困難な状況が続いているようです。

これに電話機能なんかが搭載された日には…。

(電話として使うには、音声認識に改善の余地があるようですが)

アプリケーションとして1000万の数字はものすごいです。

恐るべし。

| | コメント (0)

2006/08/10

Sabbatical

【名】 (大学教授に与えられる)長期有給休暇、特別研究期間

となっています(英辞郎より抜粋)。

私の会社にも、この制度があるんですね。

4年勤務で20日間取得できます。

週末込みでほぼ一ヶ月。

この夏でめでたく4年経ちましたので

何をしようか思案中です。

以下、メモ代わりに。

一、米語圏外で英語を磨いてくる

一、Mesa Verde National Park

一、イギリス一周の旅

一、マチュピチュ/クスコの旅

一、屋久島の旅

うーん、アイデアはあれど、先立つものが…。

| | コメント (0)

2006/08/08

Yukichi Hattori

シアターコクーンで観てきました

人間の体ってあんなに動くものなんだなあ、と

ひたすら感動。

今後は、振付師として活動されるとか。

機会があったらまた拝見したいです。

それにしても、2006年は4月のVon Joviから

ステージづいてます。

この後は、Madonna が控えております。

Billy Joel も来日するんですよね。

お小遣い、もちません…。

| | コメント (3)

2006/08/03

Sport or just entertainment

いやあボクシング業界、すごい騒ぎになってますね。

視聴率は50%、TBSへの抗議の電話も6万件を超えたとか。

個人的には、ボクシングっていつからそんな

国民的スポーツになったの?というくらいメディアの

亀田ファミリーの担ぎ具合に違和感を覚えていたので、

某ブログで、やらせに関するエントリを見つけたときには

妙に納得したものでした。

ボクシングもK-1やプロレスと同じくエンターテイメント

なんでしょうね。

その点、今回の壮大なプロジェクトを企画している人物は

天晴れです。将来有望な(本当に実力があるのなら)

ボクサーを一人、潰したとしても(人としても)。

さて、インターネット以前にも似たようなことがあったそうです。

インターネット後の今、メディアは自分たちにとって

都合のいい真実をどこまで隠し通せるのでしょうか。

| | コメント (0)

2006/08/01

Toshinobu Kubota

3年ぶりのライブに行ってまいりました。

お客さんの年齢層高っ。

それもそのはず、「夜のヒットスタジオ」で

衝撃の「流星のサドル」を聞いてから早20年。

「20年ありがとう、次の20年もよろしく。」

という言葉になんだか嬉しくなってしまいました。

ライブ自体は、ちょっと不完全燃焼な印象だったので

プレスの皆様の報道状況をチェックしてみたところ、

スポーツ報知にこんな記事が。

昨日も調子が悪かったのでしょうか、早く回復されますように。

そして元気になられた暁には、

『BADDEST』ツアーなんぞ企画していただければ

大変懐かしく。

その際は、スポンサーのプロモなんぞは

極力外していただければ嬉しく。

MC中、「言わされてる感」が漂ってましたから…。残念。

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »