« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/28

Callus on my middle finger

鉛筆を
持たなくなって
早や10年
いまだにタコが
できにけるかな

| | コメント (0)

2007/06/20

Billy's Bootcamp, reloaded

スーパーモデルのクラウディア・シーファーなど
この手のエクササイズビデオは昔からありました。
その中で、ビリーは突出して成功している気がします。
スポーツ報知によると、世界で1,000万枚売れたのだとか。

最初に深夜のインフォマーシャルを見たときは
単に英語のコンテンツに字幕をつけただけ
怪しい雰囲気が漂ってましたが
その後実際に試した日本人の声を
キャッシュバックキャンペーンで集め
コマーシャルに反映、
一般人・芸能人取り混ぜて日本人のテスティモニアルを登場させ
そんな怪しさの払拭を試みましたね。
この辺、なかなかの戦術です。
(上司曰く、単に売れて予算ができたんじゃない?とのこと。
ま、それもそうだ。)

極めつけは、ビリーご本人の来日です。
ここまで来ると、後は口コミで勝手に広まるという判断からか
最近テレビではビリーになかなかお目にかかれません。

ちなみに、ビリー+ブートキャンプで検索すると227万件。
ビリー+ブートキャンプ+来日で検索すると18万件。

ネット時代ならではですが、ブログにトレーニングのログを残したり
自分のエクササイズ風景をYou Tubeにアップしたりするビリー・ユーザが続出。
いやあ、すごいエコシステムができあがってます。

「ブートキャンプ」という特殊なシチュエーションが、
これまでになく効きそうなイメージを醸し出すのでしょうか。
はたまた、男性インストラクタということで
こういったビデオを今まで買いにくかった潜在ユーザ層に
アプローチできたのでしょうか。
いやあ、興味深いです。

| | コメント (4)

2007/06/17

Yukichi Hattori in Rhapsody in Blue

オーチャードホールで観てきました

いやはや、いやはや。

ジャンプ、高っ。滞空時間、長っ。

一番よかったのは、やはりメインの『ラプソディ・イン・ブルー』。
バレエに詳しくない私でも十分楽しめるコメディの要素満載。

次回はどんな風に進化してくれるのか、今から楽しみです。

| | コメント (0)

2007/06/16

The best damn thing against eco

1. 真夏のスーツとネクタイ

2. 真夏のブーツ

3. キャンペーンのためだけに街中を走らせるトラックやバス

4. ガス満タンで東京からどこまで走れるか、というお笑い番組の企画

5. デジタル化全般(2011年のアナログテレビ廃止含む)


などなど。随時、追加していきましょう。

| | コメント (0)

Denny's

ここしばらく残業の日々で、夕飯の支度をサボり気味です。
本日も何年ぶりかにDenny'sに行ってきました。

メニューを開いて「あれっ?」
全体的に選択肢が少なくなった印象です。
しかも、各メニューに「少なめ」の注意書き。

注文後、机の上を物色していると
「デニーズは変わります」との案内を発見。

(以下ウェブから引用)
好きなものを好きなだけ、自由に楽しめるのが「カプリッチョ・スタイル」。
少なめだからこそできる、バラエティあふれる組み合わせ!
あなただけのディナーをお楽しみください。
(引用終わり)

「お待たせしました~」の声に運ばれてきたお皿を見て
「ええっ、少ないってこれだけ?」の声を思わず押し殺す自分。
マルヨさんも「なんじゃこりゃ?」の一言。

深夜時間帯だからかと思い、改めてメニューを確認するも
「15時からのディナーメニュー」とのこと。

うーん、素材をすべてオーガニックにしました、とかなら分かるけど
安くてボリューム、おトク感が売りのはずのファミレス、これでいいのか?

原材料費や人件費の高騰分をうまいこと説明して
別の話題にすり替え、客単価を上げる作戦と勘繰ってしまいました。

2人で2610円也。まあ悪くないですが
マルヨさんは、帰宅後速攻でカップラーメンを召し上がっておりました。

このサイトを見られたDenny's関係者の皆様、
カプリッチョ・スタイル、いただけません…。

| | コメント (0)

2007/06/04

Takashimaya Shinjuku renewal

久しぶりに新宿高島屋に行ってきました。
以前から全面改装が入っていましたが、行ってみてびっくり。
まったく違うお店になってしまいました。

第一印象は、こんな感じです。

・ 海外高級ブランドが増えた。
  ゆえに高級感溢れ、これまでの庶民的な感覚がなくなり
  敷居が高くなってしまった。
・ 男性と女性が半々の割合で同じフロアに。
  ゆえにワンフロア内の女性向けの店舗数が減り
  これまで2階分で済んでいた買い物が
  4階分を回らないと済まないことに。
・ 各店舗が迷路状に配置されたため、通路が狭くなったほか、
  天井までの壁で仕切られたため圧迫感が出た。
・ 店舗数、店舗揃えがイマイチな感じに。

六本木ヒルズや表参道ヒルズを経て、
私の周りでは、買うものないよね~、との声が大多数。
なぜこんなリニューアルをしてしまったのか不思議に思っていたところ、
こんな記事を発見。

新宿高島屋が全館リニューアル ターゲットは団塊

あ、自分がターゲットじゃなくなっただけなのね。
うーん、これからはどこで買い物しよう…。

(それにしても、団塊の世代ってそんなにお金持ってるんだ…。)

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »