« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/28

Some thoughts on language

英語にまつわる最近の考察。

米国に長く滞在していた知人が
「きみはネイティブじゃないからね」と言われて
ショックを受けていたという話を又聞きしました。

私よりはるかに英語を話せる人なので
あのレベルでそんなこと言われてしまうなら自分は一体…。


この話を聞いて
「ネイティブレベルで英語をカンペキに使える必要性」
について少し考えてしまいました。

最近いろんな国の人とやり取りをしますが
英語がカンペキでなくたって仕事を進めることができます。
クライアントを説得することだってできます。
拙い英語で、チームメイトの笑いをとることだってできます。
(こちらがネイティブでないという相手の理解あってこそ、ですが。)


一方日本語の場合。
アメスク育ちの方、若くして海外に進出される方、
最近様々なバックグランドを持った方にお会いする機会があります。
自分のことは棚に上げ、中には日本語に?がついてしまう方も
いたりします。

しかし、パソコンを使えば漢字はある程度のツブシが効くし
(同音異義語の区別はつかなきゃいけませんが)
ビジネス用の日本語なんて
結局社会に出て初めて身につくものだし、
大連あたりで日本人以外の日本語人口率の方が
高くなる時代も来るかもしれないし。


語学は道具だし、使ってナンボ。
コミュニケーションしたい、という本人の意思さえあれば
カンペキでなくとも何とかなるんだろうなあ、
という心境にて落ち着いています。

| | コメント (4)

2007/11/21

When you delegate

Delegation = 権限や仕事の委任、委譲、といった意です。

以前放映していたドラマ「バンビ~ノ!」では
主人公のバンビを取り巻く人物相関図を興味深く拝見してました。

カリスマオーナーシェフ、宍戸鉄幹。
その右腕として厨房を取り仕切る副料理長、桑原敦
3番手で教育係(?)、口より手の方が早いパスタ担当、香取望
サービスのプロ、バンビを暖かく見守る愛溢れる給仕長、与那嶺司
無口で根っからの職人肌のドルチェ担当、織田利夫
などなど。

それぞれ立場が違うので、バンビへの接し方も様々です。
自分の場合、一番最初にお世話になった先輩が
非常に面倒見の良い、気持のよい方で
自分に後輩ができたらお手本にしようと考えていました。

いざその立場になると、いやあ、難しいですね。
上司も様々ですが、後輩も様々。
教えることの難しさに日々悶々としています。

あ、愛、愛ですよね、与那嶺さん…。

| | コメント (0)

2007/11/06

Mr. Joe Torre says

ザッピング中だったのでどこの局か忘れましたが
今朝のスポーツニュースより

"Management is all about listening to the players,"

by Joe Torre, Manager of Dodgers (from 2008)


一語一句同じではありませんが、こんな意味でした。
「管理(職)と言ったって、やることは選手の意見をよく聞くってことさ。」

| | コメント (0)

2007/11/01

How to keep the peace at home

超多忙のエンジニアが教える家庭円満の秘訣

マルヨさんはエンジニアではありませんが
共働きのせいもあり、1日30分顔を合わせられればいい方、
なんて日は珍しくなかったりします。
そのため、我が家ではメールが重要なコミュニケーションツールとなっています。


ま、ここまで極端でなくとも女性はイライラを溜めがちですよね。
最近面白かったのは、年配のご婦人方の会話。
(いずれも、旦那様はすでに定年を迎えている)

「もうね、やってもらえるのが当たり前と思っているのよ。
だから、たまに自発的に行動をすると、褒めてもらおうと思って
態度がこれ見よがしになるの。」

「そうそう。私はいつも『ありがとう』なんて
言ってもらったことがないのに。」

「私はそんなときはね、『ありがとう』って言うだけ言って
後ろ姿に『あっかんべー』ってやるのよ。」

(注:一語一句同じではありません。ニュアンスだけ。)

世の男性諸君、日々の積み重ねが重要です。
ご注意くださいまし。
たくましい女性はプチ旅行なんかで騙されませんぞ。

| | コメント (5)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »