« 10 years | トップページ | Some thoughts on language - Part 2 »

2007/12/26

OJT at beauty salon

OJT (on the job training) = 実際の職務を通して経験を積むこと。

4か月ぶり(!)に美容院に行った今日ふと思ったのですが
美容師さんのお仕事って完全なOJTですよね。
学校を出て資格を取った後、床掃き、シャンプーに始まり
ブロー、カラー、パーマのアシスタント時代を経て
ロッドの巻き方にダメ出しをもらいながら
ようやくカットのできる一人前のスタイリストへ。

髪が切れるようになっても、お客さんをキープするには
技術に加えそれなりの話術も必要です。
新しいヘアスタイルの提案もできなければいけません。

雑誌で紹介されているスタイリストさんは
指名で新規顧客を開拓できるかもしれませんが
新人では望み薄です。先輩方の詰まり具合によっては
いずれほかのサロンに移籍を考える日も来るかもしれません。

これって何だか私のお仕事とよく似ています。

そんなわけで、美容院に出かけると鏡越しに
美容師さんの手つきを盗んだり(無理だけど)
スタイリストさんとアシスタントさんのコミュニケーション
なんかを観察するのが好きです。

|

« 10 years | トップページ | Some thoughts on language - Part 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10 years | トップページ | Some thoughts on language - Part 2 »