« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/26

"The Code Book"

邦題は『暗号解読』(上・下巻 新潮文庫)

ハードカバーの初版が出たのは随分前のようですが
最近ようやく存在を知りました。
年明けから、1月半でようやく読破。

暗号の種類、その発達の歴史、史実との絡みなど
数学が得意でない人も、情報セキュリティに興味のない人も
十分楽しめる1冊だと思います。
(暗号が高度化するに従い、後半は難しくなりますが…)

ちょうど公開中の"Elizabeth: The Golden Age"ともリンクしますが
エリザベス陣営がどうメアリー陣営の情報を入手・解読していたか、といった話や
大戦のころには、ネイティブ・アメリカンの言葉自体が
暗号として使用されたなど、面白いエピソードも満載です。

ただ、暗号と戦争って切り離せないんですよね。それが残念。

最近、イギリス系のセキュリティ企業の方にお目にかかる機会が増えていますが
その理由も垣間見ることができました。


ちなみに、映画はケイト・ブランシェットの演技、圧巻です。
個人的には、BBCドラマ版『エリザベス1世』の方が楽しめましたが…

| | コメント (2)

Do you deserve it?

だから技術者は報われない

青色発光ダイオードといえば、今や知らない人はいないですよね。
昨年、一昨年あたりからクリスマスに青いイルミネーションが
目につくようになっていますが、あれ、です。
その開発者である中村修二さんに纏わるコラムですが
この状況、技術者に限ったことじゃないよなあ、と思いながら
興味深く拝読しました。

マルヨさんの属すゲーム業界もかなりひどいです。
テレビ業界と同様、狭き門に入りたい人々の列は絶えず、
企業は従業員のgood willに完全に甘えています。
効率よく仕事をし、生産性を上げているわけではないのに
より長い時間会社にいて、週末も出社し、挙句
会社に寝泊まりする人のほうが評価が高くなるそうです。

その会社のリーダーは言うそうです。
会社は教育を施す気はない、
ついてこれない人間は、脱落してよい、と。
ゲームに夢をもって入社してきた若者は
10年もたてばボロボロです。

若者の夢と時間を搾取することで成り立っているこの業界、
自ら、自分たちの首を絞めている気がしてなりません。

| | コメント (6)

2008/02/23

Readling between lines

ヨーロッパチームの社内報に面白いコンテンツがあったのでご紹介。
以下それぞれ、こちらの順になります。

1. 英語・米語を母語とする人の発言
2. 1.を発言した人の意図
3. 1.を聞いたヨーロッパ大陸の人の理解

------------------------------------
My teammates in Europe office recently shared me a very interesting point of view on the real meaning in English, and I would like to share them with you as we, who don't speak English as our native toungue might think the same way.

For those who are the native English speakers, your intention may not be well communicated when you are speaking to non-English native speakers, such as...

Below phrases follows in order of:
1. What the English/American say
2. What the English/American mean
3. What continental Europeans understands (This could be applied to Asian, too, I guess?)

Are you ready? Ok, here we go...

1. I hear what you say.
2. I disagree and do not want to discuss it any further.
3. He accepts my point of view.

1. With the greatest respect...
2. I think you are wrong (or a fool).
3. He is listening to me.

1. That's not bad.
2. That's good or very good.
3. That's poor or mediocre.

1. Perhaps you would like to think about.../I would suggest...
2. This is an order. Do it or prepared to justify yourself.
3. Think about the idea, but do what you like.

1. When appropriate locally...
2. Do want you like.
3. Do if you can.

1. Oh, by the way.../incidentally...
2. The primary purpose of our discussion is...
3. This is not very important.

1. I was a bit disappointed that.../It is a pity you...
2. I am most upset and cross.
3. It doesn't really matter.

1. Very interesting.
2. I don't agree/ I don't believe you.
3. They are impressed.

1. Could you consider some other options?
2. I don't like your idea.
3. They have not yet decided.

1. I'll bear it in mind.
2. I will do nothing about it.
3. They will probably do it.

1. Please think about it some more.
2. It's bad idea, don't do it.
3. It's a good idea, keep developing it.

1. I'm sure it's my fault.
2. It is your fault.
3. It was their fault.

1. That is an original point of view.
2. Your must be crazy.
3. They like my ideas.

1. You must come for dinner sometime.
2. Not an invitation, just being polite.
3. I will get an invitation soon.

1. You'll get there eventually.
2. You don't stand a chance in hell.
3. Keep on trying for they agree. I'm heading in the right direction.

1. I almost agree.
2. I don't agree at all.
3. He's not far from agreement.


うーん、言葉って奥が深い…。

| | コメント (2)

2008/02/10

Stress and stiff neck

オフィスワークの宿命か、慢性的に肩がこるので
よくマッサージに行きます。
マッサージのお兄さんから面白い話を聞いたのでご紹介を。

曰く、ストレスによる肩こりは、通常(?)の肩こりと「こり」の質が違う。

曰く、ガチガチに肩のこっていたサラリーマンの方、
結婚したらとたんにコリがなくなった。


精神のバランスは、身体にも多大な影響を及ぼすようです。


| | コメント (0)

2008/02/09

Price of fame

某歌手の失言に世間の目が集まってます。
タイムリミットに片足を突っ込みかけている自分ですが
この年齢を超えても無事に出産された方々は確実にいらっしゃいますし、
歌手の性格上、「あ~、やっちゃった」くらいにしか思っていませんでした。

(*注 歌手の発言を肯定しているわけではありません。)

活動自粛や謝罪会見といった一連の流れに思い出したのが
数年前の「爆笑オンエアバトル」に出演した某お笑いコンビです。
この方たちは、更年期障害をネタにして貶めることで笑いをとっており
当時、身近な人がこの症状で苦しんでいるのを知っていた
私にはそれがとても不快でした。

(男性にも更年期障害はあるのですぞ。
自分がそうなる可能性もあるというのに。)

番組宛に抗議のメールを送りましたが、
彼らは、更年期障害で苦しんでおられる方々に謝ったり
何か代償を払ったのでしょうか?

知名度が違う、といえばそれまでかもしれませんが
お笑いのほうが悪質な気がします。
子供が真似をするし、貶めてもいいのだと
間違った認識をさせる可能性があるからです。

歌手の謝罪会見については賛否両論あるようですが
少なくとも、自分の発言に対して責任を取るという姿勢は
評価してもいいのではないかと感じています。

| | コメント (0)

2008/02/03

Films in Baltimore

最近観たBaltimore(ボルチモア)が舞台の映画。

Hairspray(2007)
元気の出るミュージカル映画です。
John Travoltaのお母さん役に爆笑。

ミュージカルからの映画化かと思っていましたが
"Pink Flamingos"のJohn Watersの作品(1988)が原作でした。

Pink...は、カルトムービーとして人気が高かったようですね。
私は恐ろしくて未だ観るに至っていませんが…。
John Travoltaがお母さん、ってあたりがWaters色?


Step-Up(2006)
母校でロケが行われたという友人の情報から、DVDにて鑑賞。
ストーリー的には何てことのない青春ダンスムービーなので
この背景、あの校舎の辺りかな~と
別の角度から楽しみました。

ダンスムービーとしては、Dirty Dancingとか
Flashdanceの方が好きです。
同じジャンルならFootlooseとか。

…あ、ヒップホップ全面のStep-Upが
馴染まないのは、単に年齢のせい??


He Said, She Said (1991)
Footloose以来、Kevin Bacon好きです。
その後パッとする役がないのが淋しいとこですが…。
(あっても悪役だったりして。)

この映画では、歌声も聴けます。
そういえば、お兄ちゃんとバンド組んでるって
話だったよな~とググってみたら、HP見つけました。
The Bacon Brothers

うわっ、4月5日はMaryland州はAnnapolisでライブです。
行ってみたい…。

| | コメント (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »