« Films in Baltimore | トップページ | Stress and stiff neck »

2008/02/09

Price of fame

某歌手の失言に世間の目が集まってます。
タイムリミットに片足を突っ込みかけている自分ですが
この年齢を超えても無事に出産された方々は確実にいらっしゃいますし、
歌手の性格上、「あ~、やっちゃった」くらいにしか思っていませんでした。

(*注 歌手の発言を肯定しているわけではありません。)

活動自粛や謝罪会見といった一連の流れに思い出したのが
数年前の「爆笑オンエアバトル」に出演した某お笑いコンビです。
この方たちは、更年期障害をネタにして貶めることで笑いをとっており
当時、身近な人がこの症状で苦しんでいるのを知っていた
私にはそれがとても不快でした。

(男性にも更年期障害はあるのですぞ。
自分がそうなる可能性もあるというのに。)

番組宛に抗議のメールを送りましたが、
彼らは、更年期障害で苦しんでおられる方々に謝ったり
何か代償を払ったのでしょうか?

知名度が違う、といえばそれまでかもしれませんが
お笑いのほうが悪質な気がします。
子供が真似をするし、貶めてもいいのだと
間違った認識をさせる可能性があるからです。

歌手の謝罪会見については賛否両論あるようですが
少なくとも、自分の発言に対して責任を取るという姿勢は
評価してもいいのではないかと感じています。

|

« Films in Baltimore | トップページ | Stress and stiff neck »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Films in Baltimore | トップページ | Stress and stiff neck »