« Readling between lines | トップページ | "The Code Book" »

2008/02/26

Do you deserve it?

だから技術者は報われない

青色発光ダイオードといえば、今や知らない人はいないですよね。
昨年、一昨年あたりからクリスマスに青いイルミネーションが
目につくようになっていますが、あれ、です。
その開発者である中村修二さんに纏わるコラムですが
この状況、技術者に限ったことじゃないよなあ、と思いながら
興味深く拝読しました。

マルヨさんの属すゲーム業界もかなりひどいです。
テレビ業界と同様、狭き門に入りたい人々の列は絶えず、
企業は従業員のgood willに完全に甘えています。
効率よく仕事をし、生産性を上げているわけではないのに
より長い時間会社にいて、週末も出社し、挙句
会社に寝泊まりする人のほうが評価が高くなるそうです。

その会社のリーダーは言うそうです。
会社は教育を施す気はない、
ついてこれない人間は、脱落してよい、と。
ゲームに夢をもって入社してきた若者は
10年もたてばボロボロです。

若者の夢と時間を搾取することで成り立っているこの業界、
自ら、自分たちの首を絞めている気がしてなりません。

|

« Readling between lines | トップページ | "The Code Book" »

コメント

どんな業界でも結局は
人で成り立っているのに
せっかくの若者を…。
もったいないことこのうえなし、だね。

投稿: あお | 2008/02/26 10:59

教えられることはなるべく教えていきたいと思う今日この頃です。

投稿: chai | 2008/02/26 22:08

> あおさん

ですね。
ゲーム業界も、アニメ業界と同様
作業的な仕事はいずれ海外に流れていくと思います。
そうなったときに、バリューを提供できる人材を
育てておくことが必要になるでしょうに。
このままでは、コスト競争に突入し
ますます悪循環に陥ることが目に見えています…。

> chaiさん

そうですね。
自分はあまり体系立てて教えられる人ではないので
chaiさんのご尽力に頭が下がります。

投稿: Eagle | 2008/02/26 23:04

彼のおかげで、母校が一気に日本で知名度UP。
というのは蛇足で。

基本をしっかり学べると思って日本企業を
選んだものの、人に教えることが著しく下手な人が多い環境。あげく去るもの追わずがスタンス。
でもって、残業してる=働いてるイメージと
えらく古~い考えの社風。
バブル時代入社の人が幹部になる頃って、
そんなカラーなのかもね。寂しいけれど。

投稿: way2go | 2008/02/27 00:33

> way2goさん

私も教えることは得意でないので
後輩が増えるにつれツライ日々を過ごしています。
今年からは評価もしなきゃなんです…。

昨日は『ガイアの夜明け』でちょうど
ワークライフバランスに関する特集をやってました。
今後徐々にカイゼンされるかもしれませんね。
皆で唱えよう、ワークライフバランス!

投稿: Eagle | 2008/02/27 22:58

> way2goさん

おお、同じガッコでしたか!

投稿: Eagle | 2008/02/27 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Readling between lines | トップページ | "The Code Book" »