« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

The passion for your work

同僚に借りて読了しました。
謎の会社、世界を変える。~エニグモの挑戦

読後の感想は、学生のうちにもっと本を読んでおけばよかったな~。
の一言に尽きます。
エジソンやリンカーン、野口英世なんかの伝記は
もちろん読んでいたわけですが、彼らは雲の上の人。
他に読んでいたのは専ら小説とかエッセイの類だったので
もっと、身近な方の仕事のお話をケーススタディとして読めていれば、
人生の選択肢が拡がった(かもしれない)気がしています。

私が学生の頃って、そもそもこういう本あったかな?


実は、彼らの立ち上げのサービスのPRをウチの会社がお手伝いしたので
(文中に出てくるプレスリリースは上記同僚作です。ちょっと宣伝。)
創業当時から存じ上げているワケですが
同い年の方による企業とは知らなかった…。

創業者のお二人は、とにかくアツいです。
試行錯誤しながら、目標に突き進んで行く彼らの話を読むと
自分も何か始めなきゃ!という気にさせられます。

仕事にモヤモヤしている方、進路を考えている方には、
是非おススメの1冊です。


ちなみに、在海外でちょっとお小遣い稼ぎをしたい方、
海外に欲しい品物があるのだけど、
個人輸入はハードルが高いという方に
一度のぞいてみて欲しい彼らのサービス「BuyMa」。
アバクロは、結構人気があるそうですよ。

個人的にはTYRの水着なんかもよいのでは?と思ってます。
日本だと購入しにくく(デザインが違う)、
オンラインショップでは国外にShippingしていないので。

| | コメント (2)

2008/03/30

Hay fever 2008

今年は早めからマスクをしていたせいか
例年に比べて全くといっていいほど症状が出ていませんでした。
(昨年のエントリは3月13日付)

あまりにも快調だったので
「今年はそんなに花粉が飛んでないのかも~」
と本日外出の折、マスクを外して帰宅。

甘かった…。
ティッシュの欠かせない午後となってしまいました。
ローションティッシュを買っておいてよかった…。

| | コメント (4)

2008/03/26

Gyao

インターネットで映画やドラマなどをタダで見られる
Gyao、ご存じですか?

サービス開始当初からその存在は知っていたのですが
当時はパソコンが対応しておらず
また、それほど興味をそそられる番組もなかったため
視聴に至っていませんでした。

が、先日Dawson's Creekにハマりました。
(注:3月25日までの公開にて、現在は視聴できません。)

アメリカのドラマで学園ものといえば
真っ先に思いつくのは90210、
同僚によれば、現在はOCだそうですが
Dawson's Creekはその中間の年代に制作されています。

90210は舞台がハリウッドというバブリーな地であったため
どちらかといえば、夢物語でしたが
Dawson's~はもう少し普通の人々の目線に近いお話です。
(とはいえ、日本の学園生活とは大きく違いますが。)

自分が高校生だったのは、すでにン年前ですが
少々感傷的になりました。
ああ、今その年にタイムスリップできるなら
もっと色々うまくやれるのに…。


話が逸れましたが、こういう形で過去のコンテンツを
掘り起こすと案外需要はあるだろうなあ、という印象です。
コンテンツ産業には複雑な著作権の仕組みから
専用のハードがないと観れないとか色々縛りがありますが、
すでに過去のモノであれば
ウダウダ言わずに積極的に公開したほうが
早くお金になるのになあ、と思う次第です。
機会損失、もったいないですよ~。

ということで(?)、GyaoさんにはDawson's Creek Season 2の
迅速な公開をお待ちしております。
間に入ってくるCMはちゃんと見ますので。ハイ。
(早送りできないので見ざるを得ないのですが。笑。)


SATCファンの皆様には映画のプロモが公開されています。

| | コメント (2)

2008/03/06

12%

めざましテレビのココ調によると
ベトナムの普通預金の金利って12%もあるんだそうです。
番組では、ベトナム市場への投資熱
金利だけで悠々自適の生活を送る人を紹介していました。
(例えば、100万円を1年預けて120112万円!?)

折しも、『お金は銀行に預けるな』(光文社新書)
を読み終えたばかり。
思わず休みを取って証券会社に走ろうかと思いました。

というのは冗談ですが、人生80年
年金がどうなるか分からず
退職金制度のない会社に勤める身としては
老後の不安がないといえばウソになります。

こちらの本は金融初心者の私には
なかなかよい指南書になりそうです。


さて投資の部分以外でこの本で気になったこと。
著者は、「給料以外に稼ぐ手段があれば
長時間労働の必要はない」と言いきります。

うーん、物理的な仕事の量が多い場合は
どうしたらいいんでしょう。

きっと、そんな会社はさっさと見切って
条件のよい会社に転職しろ、
ということなのかと推察しますが、
でもやりたい仕事の場合は
多少仕方ないよな~と思ってしまう自分は
日本人的思想に毒されてるんでしょうか。


追記: 帰りの電車の中で、同じ番組について
熱く語っているおにいちゃんがいたのが笑えました。


追記(3/7): マルヨさんの指摘を受けて
100万円預けた場合の利息額を修正しました。
数字の計算には向いてないようですcoldsweats01

| | コメント (2)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »