« 2009年7月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/02/27

Herpes zoster

帯状疱疹。

私の場合は、左側の後頭部、耳の後ろ、首筋、下部頬、肩、鎖骨に出ました。

まずズキズキするような頭痛があり、様子を見ていたところ
翌日には肩のあたりに発疹が。
普段だったらそのまま様子を見たかもしれないのですが
ニンシン中ということもあり、念のため皮膚科へ。

帯状疱疹と診断され、塗り薬をもらいました。
普通なら、ここで内服薬も処方されるのだと思います。
薬を早期に飲めれば、割合症状が軽くて済むようですが
私の場合はそれが叶わなかったため、
数日で疱疹の範囲がかなり拡大してしまいました。

週明け、念のためかかりつけの産婦人科へ。
私の肩を一目見るなり、先生が「ひどいですね」の一言。
22週目であれば特にベビ吉への影響もないでしょう、との診断で
結局内服薬を処方されました。
(この時点で疱疹発令から5日経過。)

薬を飲み始めてから6日目の今日、
疱疹の拡大は治まり、軽いものは徐々にひき始めています。
水泡はあちこちツブれ、初期にできたものはカサブタになりかけています。


あまり聞き慣れない病名ですが、
皮膚科でいただいたパンフレットによると、
5~7人に1人はかかる病気だそうです。
免疫が落ちている時、疲れている時に出やすいのだとか。

原因などの詳細は、ちょっとググっていただければ
たくさん見つかりますので、割愛しますが
初期治療が大事だそうですので
もしズキズキ・ピリピリといった痛みの後に
発疹が確認できたら、すぐに皮膚科に直行してください。
(他の科を受診して、判断が遅れることがままあるそうです。)


私の症状が出た範囲だと、皮膚が突っ張って迂闊に首を回せないわ、
就寝時には枕にあたって痛いわ、疱疹のできている側に
寝返りが打てなくて、夜眠れないわ、(無理をすると、水泡がつぶれる)
頬にできてしまっては、人前に出れないわ、shock
なかなか大変です。。。

| | コメント (2)

2010/02/26

Updates

半年以上もご無沙汰してしまいました。
その間のアップデートを少々。

<2009年>

9月のシルバーウイーク:
友人と、留学時代の軌跡をたどるWashington D.C./Baltimoreの旅へ。
10ン年ぶりにホストファミリーとの再会を果たす。

10月中旬~2月下旬:
ISIS編集学校の「守」講座終了。
おかげで週末は課題の提出に追われていました。

11月上旬:
ん?ニンシンか?
病院へ赴くも、医者の言質取れず。

11月中旬:
ん?ツワリか?

11月下旬:
ようやく医者にニンプのお墨付きをもらう。
ツワリのため、友人の結婚式への出席叶わず。weep

12月:
留学時代の友人と10ン年ぶりのReunionを開催。restaurant

<2010年>

1月下旬:
ベビ吉が動き出す。

2月中旬~下旬:
帯状疱疹発令→治療中。crying


半年強といえど、結構ありますね。
課題も終わり、帯状疱疹も何となく落ち着いてきたので
今後はもう少しマメにupdateできればと思います。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2010年5月 »