« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/21

Mastitis

乳腺炎。

今思えば、入院中におっぱいが赤くなりはじめた頃から
その気配があったんだと思います。

退院3日後、何だか体調がおかしいと思ったら
寒気とともに38度超えの熱が。
すわ帝王切開の副作用かと思い病院で診察を受けると
おっぱいの腫れが原因らしく、抗生物質と消炎剤が処方され
助産師さんによるおっぱいマッサージを受けました。

それから2週間、今度は発熱はないものの
またおっぱいが赤く、熱を帯び、カチカチに固くなってしまいました。
そのせいか、ベビ吉はお乳を飲むのを嫌がり
授乳のたびにギャン泣きです。weep
(手や足の裏も部分的に腫れて痒くなったり。。。)

完全母乳にこだわっていたわけではないですが
ヘルプに来てくれている実家の両親からの
「お乳が足りないんじゃないの。ミルク足せば?」の
何気ない言葉に密かに傷つき、
またその言葉がストレスになりました。

また病院でマッサージを受けてもよかったのですが
入院中、バタバタの助産師さん達の現状をたっぷり見てしまったので
とてもそんな気分にはなれず
ネットでおっぱいマッサージをしてくれる助産院を検索。
幸い、自宅近くに新しくできた桶谷式の助産院が見つかりました。


乳腺炎なるものは、マタニティスイミングでお世話になった助産師さんから
乳製品や甘いものが乳腺を詰まりやすくするので
控えた方がいい旨聞いていましたが、
実際どんな状況になるかは、身をもって初めて知りました。

今回色々勉強したところ、乳腺炎を回避するには食事に気をつけることと
とにかく赤ちゃんにおっぱいをすってもらうこと、が回復の鍵となるようです。


思い返せば、入院中の病院食では
牛乳もヨーグルトも毎日配膳されており、
(よって、退院後も毎日摂取していました)
お祝い膳ではステーキやカニグラタン、ケーキもメニューにありました。

退院後はお祝いの赤飯や天ぷらなど
それほどの量ではありませんが、
こういったものが原因の一つだったんだろうなあ、と考えています。


既出の助産院では、「ひょっとしたら、切開して溜まっているお乳を取り除く
(簡単な)手術が必要かもよ~」と脅されつつ
数回通った今はマッサージで何とか回復しそうな
具合になってきています。


出産後のお乳や乳腺炎の話はあまり聞く機会がないかもしれないので
これからその予定のある方は、なるべく事前に知識を
仕入れて置かれることをおススメします。

| | コメント (0)

2010/08/14

One month

ベビ吉を出産してあっという間に一ヶ月経ちました。
記憶の風化は早いので、忘れないうちにこの間の出来事をメモ。


40w/0d(出産予定日) 産まれる気配は皆無。
マタニティヨガに参加。助産師さんから、安産の太鼓判をいただく。
折しも、満月だったとか。coldsweats01

40w/2d 妊婦健診。やはり産まれる気配のないことを確認。
翌週まで様子をみて変化がないようなら、入院して促進剤を使用、
それでもダメなら42wになる前に帝王切開の可能性もあります、と言い渡される。

41w/0d やっぱり産まれる気配ナシ。coldsweats02
最寄りヨドバシカメラまで買い物に繰り出す。

41w/2d 予定通り入院。
促進剤(錠剤)の投与を行うも子宮口は開かず。

41w/3d 錠剤よりやや強い促進剤を点滴。
陣痛の波が来るも、子宮口の開きは指1本分。

41w/4d 更に強い促進剤を点滴。
昼ごろから3分程度の間隔で陣痛の波がやってくる。
夕方には結構な痛みに耐えきれず、マルヨさんを会社から呼び寄せる。crying
深夜2時頃まで点滴を続けるも、子宮口の開きはようやく指3本分。
同じ痛みの中、仮に翌日同じことを繰り返して子宮口が全開になるかどうか疑問が湧いたため、
担当医に帝王切開のお願いを申し出る。翌日夕方の切開決定。

41w/5d 促進剤ナシで陣痛の波が来る。
自然分娩の可能性に期待しつつも、子宮口は相変わらず指3本分程度。
夕方帝王切開でベビ吉(3750g/52cm)を出産。


後日「大きいねえ。道理で出てこないわけだ」的なコメントを多方面からいただく。coldsweats02
新生児室に並んだ赤ちゃんを比べて見るに、ベビ吉の大きさが際立つ。


一月後のベビ吉は、体重+960g、身長+4.2cmで順調に成長しています。

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »