2011/03/24

3.11

何てことはない、始まりはいつもと同じ金曜だった。

午前中は保育園の面接に赴き、その足で近場のスーパーヘ。
ベビ吉の服を物色し、授乳室とドラッグストアを回って、お弁当を買って帰宅。

お昼を食べ終わる頃、帰宅途中で寝てしまったベビ吉が起き出したので離乳食を用意。
食事の後、しばらく遊んだベビ吉は午後のお昼寝タイムに突入。
ハハはベッドの上でベビ吉を抱っこしながらiPadでツイッターを覗いていた。

いつも通り。

そうこうするうちに揺れ出したので、その旨のつぶやきをしたところ
いつもと様子が違うのに気づいた。
長い、終わらない。
そして揺れが激しくなっていった。

今のマンションに引越したのは
耐震偽装が世間を騒がせていた2006年。
このマンションは大丈夫、妙な安心感はあったけど
リビングではモノの落ちる音がし
寝室では立てかけてあった姿見が倒れ
テレビがチェストからずり落ちた。
(回転坂に乗せていたので安定が悪かった。)
さすがに怖くなってベビ吉をしっかり抱き抱えた。

テレビをつけると、津波警報が発令されていた。
マルヨさんは心配して電話をかけてきた。

いつもより揺れがひどいとはいえ
ここまでもいつもと同じ地震だった。
が、状況は刻々とひどくなった。

震源地に近い海沿いからのテレビの中継では
さっきまで車が走っていた道路が
水に飲み込まれていく。

都内では電車が不通になり、復旧のメドが立たない。
ツイッターには「歩いて帰宅」のつぶやきが踊る。
JRも再開の見込がなかったので
マルヨさんに会社に一泊するよう促す。
帰宅途中で事故に巻き込まれるより
職場の方がより安全だと思った。
(決して絶対とは言えない。)
幸い、私とベビ吉は無事だ。

お風呂は沸かしたけれど、
余震のことを考えると入る気にはなれず、
翌日昼過ぎにマルヨさんが帰宅するまで
不安な時間を過ごした。

そして、あっという間に二週間。

原発や放射線について、色んな情報が飛び交う。
そんな中、割合冷静でいられるのは
普段ツイッターでフォローしている方々が
冷静かつ前向きで的確な情報をあげていてくれたから。
テレビや新聞記事を鵜呑みにしていたら
きっともっと混乱して不安だっただろう。


最後になりましたが、
この災害で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
被災された方は一刻も早く元の生活に戻れますように。
微力ながら、自分にできるサポートをさせていただければと思います。

| | コメント (0)

2011/01/31

Home made bread

P1010306

pokuのパン教室で習ったカンパーニュ、
教室で作ったタネを持ち帰っていたので、
週末に自宅でも焼いてみました。

先生の作ったタネよりちょっとベタついているようにみえたけど、
ちゃんと形になりました。

中身はクランベリー、いり黒豆、そしてショウガ。
こちらをお昼にいただきました。

ちょっと具がかたよりすぎてたけど、
焼きたてのパンが自宅で食べられるなんて幸せ〜。

パンといえば、卵にバターにお砂糖が必須と思っていたけれど、
それらは一切使いません。

話題のGOPANが欲しいなあ、とも思っていたけれど
家にある道具でまずはできるところから…

ベビ連れで参加できる素敵な教室に巡り合えました。
4月からの職場復帰まで、堪能できればと思います。

| | コメント (2)

2010/06/01

How do you prove your identity?

本日よりこども手当の支給が始まりました。

各市町村で給付方法が異なるのがややこしいですが
私の住んでいる市では、年に2回まとめて給付されるシステムのようです。
賛否はさておき、ベビ吉が無事誕生した暁には
我が家も恩恵を預かることになります。


さて、今回自分のニンシンで初めて知ったのですが
こども手当以外にも、出産育児一時金、
出産手当金、育児休業給付金など、
出産や育休にまつわる手当ってけっこうあるんですね。

ずっと共働き、旧姓で仕事を続けているので
銀行などの名義はそのままにしていたのですが
申請者と振込先の名義が違うと面倒なことになると思われ
これらの申請の機会に名義変更しようと銀行に赴きました。

銀行に着くと、「旧姓と新姓を証明できるものをお持ちですか?」とのこと。
「期限は切れているのですが、以前の免許証に裏書があるものを
添えれば大丈夫ですか?」と私。
「すみません、期限が切れたものは有効ではないので…。
戸籍抄本を取ってきてください」と銀行。

えーっと、抄本を取るのに手数料かかるんですけど。。。
しかも、本籍を地元に置いていなかった我が家の場合、
更なる時間とコストが掛かります。

いくら有効期限を過ぎているからといって、
現在有効の免許証を所持していて
古いものと情報(しかも写真付き!)が一致すれば問題ないのでは?

わざわざ抄本を取らないと「自分」というものを証明できない今のシステム、
かなり柔軟性に欠けるなあ、と感じた次第です。

| | コメント (0)

2010/02/26

Updates

半年以上もご無沙汰してしまいました。
その間のアップデートを少々。

<2009年>

9月のシルバーウイーク:
友人と、留学時代の軌跡をたどるWashington D.C./Baltimoreの旅へ。
10ン年ぶりにホストファミリーとの再会を果たす。

10月中旬~2月下旬:
ISIS編集学校の「守」講座終了。
おかげで週末は課題の提出に追われていました。

11月上旬:
ん?ニンシンか?
病院へ赴くも、医者の言質取れず。

11月中旬:
ん?ツワリか?

11月下旬:
ようやく医者にニンプのお墨付きをもらう。
ツワリのため、友人の結婚式への出席叶わず。weep

12月:
留学時代の友人と10ン年ぶりのReunionを開催。restaurant

<2010年>

1月下旬:
ベビ吉が動き出す。

2月中旬~下旬:
帯状疱疹発令→治療中。crying


半年強といえど、結構ありますね。
課題も終わり、帯状疱疹も何となく落ち着いてきたので
今後はもう少しマメにupdateできればと思います。

| | コメント (0)

2009/07/25

et vous - Part 2

et vous に関するエントリを上げてからほぼ半年。
いまだに検索ベースで前回のエントリを訪れてくださる方がいます。

一時はこれを機にフランスまで行ってみようか、とか
BuyMaあたりで在フランスのバイヤーさんに購入をお願いしよう、
と考えてみたりしたのですが
先日はなばなdiaryさんのエントリを発見。shock
(うまくトラックバックが貼れないので、直リンクにて失礼。)

諦めがつきました。。。


ところで、私の周りでは(かなり限られた周りですが)
相変わらず買いたい服がないよね~。という声が。

リニューアルを遂げた高島屋では私の世代はターゲットにされておらず
大丸のリニューアルも、ラインナップが魅力的でないのに
高級感ばかりがアップ。
八重洲から日本橋寄りになったことも加わって、足が遠のきました。

最近上陸している海外のファストファッションは
どれもコーディネイト術が必須で
基本Tシャツにジーンズ派の自分には敷居が高く。。。

et vousファンだった皆様は最近どんな服を着られているのか
非常に興味がある今日この頃です。

| | コメント (2)

2009/07/05

The reason I can't blog these days... - Part 2

そんなわけで、Twitterのつぶやきを
ブログでご覧いただけるように
ブログパーツをはりつけてみました。


←←←

日々のつぶやきはこちらでご参照いただけます。

| | コメント (2)

2009/06/16

The reason I can't blog these days...

このところ、なかなかブログの更新ができません。

相対的に帰宅時間が遅くなっていたり
自宅のPCがマルヨさんに占拠されていたりするのも主な理由ですが、
日々ネタを見つける、
それに対して自分なりのコメントを綴るというのは
なかなかハードルが高いなあ、というのがこのところの感想です。

一方、最近実験的に活用しているのがFacebookとTwitter。
FacebookはMixiのような
ソーシャルネットワーキングサービスで、
Twitterは、今自分がしていること・つぶやきたいことを
140文字で投稿できるサービスです。

いずれも米国発、日本語に対応しています。
日々のちょっとした、得てしてくだらない一言も
投稿できる気軽さがいいなあ、と感じています。

とはいえ、あまり文字数の多いものはこちらに向かないので
ブログも定期的に更新できるよう、ネタ探しに励みます。


ちなみにTwitterは、CNNとアシュトン・カッチャーがどちらが1000人の読者
(follower: フォロワー)を先に集められるか競ったり

サンフランシスコ市が市民窓口を開設したり
DellがTwitter経由で300万円の売上を出したり
「ターミネーター4」のプロモーションに使用されたり
マーケティング業界でにわかに注目を集めています。

ご興味のある方、一度試してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (2)

2009/05/06

Trip to Palau - Part 2: Taking a underwater photo

Palau旅行メモ番外編。

今回の旅行では、お天気に続いて悔やまれるのがカメラの装備です。

持参したのは、

・ 10年選手の一眼レフ、EOS REBEL G
・ 昨年購入したPanasonicのLZ10
・ 水中撮影用のKodakスナップキッズ 15m防水 27枚撮り

ですが、
雨天+アウトドア+水中なんて環境においては
防水機能のないREBEL GとLZ10は論外でした。。。

スナップキッズは、自分が使い慣れていないせいも多々あるのですが
勝手にシャッターが押されてしまったり
レンズに水滴がついてしまったり、自分の指が写りこんでしまったり
自分が撮った写真は満足できるものが1枚もありませんでした。weep

悪天候の下では感度800のフィルムでも写真も粗く
フィルム数も限られるので
デジカメのようにパシパシ撮ることもできず。。。


ツアーが一緒になった皆さんは
防水機能付きののデジカメやマリンケースなるものを装備した
デジカメを持参されていました。
きっと素敵&面白い写真を撮られているのだろうなあ、と
横目で羨ましく眺めて終わったパラオ旅行でありました。

| | コメント (0)

2009/03/18

Suddenly

気づいたらいつの間にか春ですね。
今日は香港の同僚から、米国のサマータイムの
念押しのお知らせが届いてびっくりでした。
ついこの間年が明けたばかりなのに。。。


--------------------
sent from WILLCOM 03

| | コメント (3)

2009/03/13

In memory of...

先週末、青春時代を共に過ごした友人が逝きました。
産後1週間の娘を遺して。。。

あらかじめ、危篤の連絡を受けていたので
ある程度の心の準備はできていたのですが
あまりにも突然のことに、心のどこかで未だに
これはきっと悪い冗談に違いない、と思う自分がいます。

この歳までに、祖父母を含め一人や二人はお見送りをした経験があるけれど
自分と同い年の友人は、早すぎます…


10年前、東京に上京したばかりの私は
先に上京していた彼女によく遊んでもらいました。
(高円寺のアパートで飲んだくれていた、が正解?)

突然丸坊主にしたり、ある時はド金髪だったり
高校時代には知らなかったけれど、
スタイリストになることを夢見ていた彼女の行動や服装は
対極にいる保守的な私にはかなり刺激的でした。

最近では、彼女がUターンで地元に帰ってしまったこともあり
徐々に疎遠になっていた自分が悔やまれます。。。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧