2009/05/06

Trip to Palau - Part 2: Taking a underwater photo

Palau旅行メモ番外編。

今回の旅行では、お天気に続いて悔やまれるのがカメラの装備です。

持参したのは、

・ 10年選手の一眼レフ、EOS REBEL G
・ 昨年購入したPanasonicのLZ10
・ 水中撮影用のKodakスナップキッズ 15m防水 27枚撮り

ですが、
雨天+アウトドア+水中なんて環境においては
防水機能のないREBEL GとLZ10は論外でした。。。

スナップキッズは、自分が使い慣れていないせいも多々あるのですが
勝手にシャッターが押されてしまったり
レンズに水滴がついてしまったり、自分の指が写りこんでしまったり
自分が撮った写真は満足できるものが1枚もありませんでした。weep

悪天候の下では感度800のフィルムでも写真も粗く
フィルム数も限られるので
デジカメのようにパシパシ撮ることもできず。。。


ツアーが一緒になった皆さんは
防水機能付きののデジカメやマリンケースなるものを装備した
デジカメを持参されていました。
きっと素敵&面白い写真を撮られているのだろうなあ、と
横目で羨ましく眺めて終わったパラオ旅行でありました。

| | コメント (0)

2009/05/02

Trip to Palau

4泊5日(機内1泊)にてパラオに行ってまいりました。
ということで旅行メモ。

<初日>
成田→グアム→ヤップ(ミクロネシア連邦)の経路でパラオへ。

グアムまでは3時間半と近いのですが
覚悟していたとはいえ、そこから先の長いこと!

10時半に出発して、現地に到着したのは夜の10時。
しかも予想を裏切る雨のお出迎えです…rain

ホテルに到着後はシャワーを浴びてベッドに倒れこみました。


P1000360
グアムの空。この空にパラオでも会えるか?


<二日目>

ホテルのレストランで遅い朝食をとった後、ダウンタウンへ。

距離感が分からないのでフロントでダウンタウンまで
歩けるかどうか聞いたところ「30分くらいかしら」との答え。
ただし「雨が降るかもしれないから、タクシーをお勧めします。」

見れば前夜からの雨は上がっているものの、空はどんよりとした曇り空。
前日ホテルまで送ってくれたガイドの方の
「パラオには天気予報はないんですよ」のコメントに慄きつつ
ご提案に従ってタクシーでダウンタウンへ向かう。

パラオで一番大きいというWCTCショッピングセンターをさくっと物色した後、
WCTCを折り返し地点にホテルまでの帰途を散策。
途中空が段々暗くなってきて、やはり雨に降られました。

午後はホテルに併設されていたスパでフェイシャルトリートメントを受け、
ちょっと早いディナーを堪能。


<三日目>

雨は降っていないものの、やはり曇り空。cloud

三日目は、カヤック&ジェリーフィッシュレイクツアーに参加。


Fh000010_low
後ろの隙間をくぐってきました。

Fh000020_low

Fh000021_low
手のひらサイズのジェリーフィッシュが1,000万匹もいるそうです。
寿命は約1年とのこと。光合成をしに海面に浮上してきます。

Fh000023_low
約100年生きているというバラ珊瑚。

Fh000025_low


夕飯はCarp Restaurantにて、マングローブ蟹、シャコ貝などにトライ。

P1000380
マングローブ蟹


<四日目>

三日目よりお天気の状態が悪く、雨が降ったりやんだり。rain

四日目は、ガラツマオの滝トレッキングツアーに参加。

道中、日本人の方が経営されている農園に立ち寄り
パラオの植物などを拝見しました。


P1000385
タビオカ。地中の根っこの部分を食べるそうです。
普段見るツブツブのまま収穫されるわけではないんですね。coldsweats01

P1000393_2
タピオカに現地のお塩をつけて食べると美味です~。
こちらで製造されたお塩を思わず購入。

P1000384
ノニの木。無農薬だからどうぞといただいた葉っぱをかじってみると、に、苦い。。。
こちらの農園では、ノニの葉からお茶も作っているそうです。

P1000388
サワサップ。何とも不思議な形です。

P1000394
中はこんな感じ。何とも不思議な食感です。

Fh000027_low_2
ガラツマオの滝。
パンフレットには40分くらいのトレッキングとありますが、
実際にはそこまで時間はかかりません。
雨天決行にて、水量が増している川の中を歩いたり(*)、
なかなかスリリングなツアーでした。
滝の裏側にも行きましたよ。

*ガイドさんが参加者の意思を聞いてくれますので
トライしない場合は、そう言えば地上ルートを通れます。

P1000396
初めて生ココナッツをいただきました。
実と皮の間の部分をお醤油とワサビでいただいてみてください。美味です。


その後、官邸と島の反対側ルートを通ってホテルへ。


P1000397

パッキングをして、ホテル最寄りの居酒屋さん(モグモグ)で
タロイモやタピオカなどのパラオ料理、
マングローブ貝のボンゴレなどを夕飯にいただく。
22時半にホテルを出発して帰国の途へ。


<五日目>

行きと同じルートで9時過ぎに成田着。

<交通>
・ ヤップ経由便について
「セキュリティチェック」なるものが入るため
行きは機内から降りて空港の待合室で待機の必要がありました。
帰りは人数が少なかったせいか、機内から降りる必要はありませんでした。

・ コンチネンタル航空について
今後、スターアライアンスへの加盟をするそうです。
これで直行便を出してくれれば、なお嬉しく。。。

・ タクシーについて
パラオのタクシーはメーター制ではないそうです。
よって、乗る前に値段を確認する必要があるとのこと。
Palau Royal ResortからWCTCまでは$6でした。

<パラオ>
一言でいえば、ダイバー街という印象です。
陸も上記ツアーにて楽しめますが
帰途空港で周りの人たちの会話を聞いていると
ダイビングをしてこそパラオが楽しめるんだなあ、と感じました。
2002年にCライセンスはとったものの全く活用していないので、
次回お天気のいいタイミングを狙って
また訪れてみたいと思います。


今日はひとまずこの辺で。
GW後半は名古屋に帰省します。


*追記(5/6)
四日目の途中から五日目の行程を追加しました。

| | コメント (2)

2009/04/16

Golden week trip

ニューヨークのとけない魔法』 

こんな本を読んだからか、妙に旅ごころが刺激されて
予約しちまいましたパラオ5日間。sun
25日出発です。


今回旅先のリサーチをするまで
パラオは全く私のレーダー外だったのですが
海に加えて陸もなかなか楽しめそうです。

難点は、グアムやフィリピンなんかとさほど変わらなさそうな距離なのですが
直行便がないため移動にほぼ1日要すること(*)と
旅費がちょいとお高めなこと。

ダイバー向けにコストパフォーマンスを重視したホテルか
少々ゴージャスなホテルのどちらかしか選択肢がなく
中間層がないから、との理由もあるようですが。。。

相対的にネット上の情報量も少ないです。
ま、パラオ自体大きな国ではないので
当然といえば当然ですが、ホテルのサイトや諸々、
商売っ気なくてのんびりしているなあ、という印象です。
(いや、そこがいいんですけどね。)

また帰ってきたら旅の様子をご報告します。


肝心の本の話。
とっても素敵&心温まるエッセイ集でした。
お話のそれぞれにカギとなる英語のフレーズが出てきて
英語の勉強にもなります。happy01


*JAL Waysだと、直行便があるようです。
出発する曜日が限られますが。

| | コメント (0)

2008/10/22

Aloha!

友人の結婚式に参列するために4泊6日でハワイに行ってまいりました。
ということで旅行メモ。

<初日>
友人2名+友人のお子さん1名と合流して夜の便でハワイへ。
同じ金曜日の朝、ハワイに到着。

ホテル近くのベトナムレストランでランチ。

現地に住んでいる友人と落ち合って
ワイケレプレミアムアウトレットへ。

イタリアンレストランでディナー。
注文した品の量を見て、アメリカに来たことを実感。

<二日目>
朝はKapiolani Community Collegeで毎土曜に開催されている
ファーマーズマーケットへ。
焼きトウモロコシや、生のショウガで作ったジンジャーエール、
映画のタイトルにもなっているフライドグリーントマトを朝食に。

その後、韓国から合流した友人ご夫妻とドールプランテーションへ。
パイナップルって、葉っぱの上にできるものなんですね。
初めて知りました。

P1000065_small

その後、ノースショア方面へ。
ウミガメが上陸するので有名な砂浜でしばしウミガメ見物。
野生のウミガメと遭遇したのは初めてでした。

P1000074_small

本場のクアアイナで巨大チーズバーガーにかぶりつき

P1000083_small

しばしドライブの後、砂浜でまったりしました。
生憎お天気は曇り時々雨。
思いのほか寒くてお天気はちょっと期待外れでした。

夕飯は、友人がリサーチしてきてくれた
地元の人しかいないような中華レストランで海鮮を堪能。delicious

<三日目>
午前中の空き時間にホテル周辺のショッピングエリアへ。
ハワイアンキルトのキットなんぞを買ってみる。

午後からは、夜予定していたバーベキューの買出しを
ドンキホーテとSAM's Clubで。

下ごしらえをするのに友人宅をお借りしたのですが
みりんを取りに駐車場まで戻った帰り、迷子になってしまい
大したお手伝いもできず関係者の皆様には失礼しました…coldsweats01

その後海岸近くの公園に移動して
今回結婚する友人夫妻およびそのご家族、お友達も合流して
海辺でのバーベキュー大会。

<四日目>
お昼から、挙式参列、パーティ、二次会と
今回メインのイベントに出席。

パーティは、こんな景色を見ながらゆるりと行われました。
ここしばらく仕事に忙殺されていて
余裕のない日々をおくっていたので非常によい気分転換ができました。

P1000151_small

P1000172_small

その合間には、隙を見つけてアラモアナショッピングセンターへ。
快く送り迎えを引き受けてくれた友人に大感謝です。heart04

<五日目>
朝6時に集合して帰国の途へ。


<交通>
今回は、HISのサーチャージ込のツアーを利用しました。
直前までフライトの時間および便名は決まらないツアーで
初めてチャイナエアラインに乗りましたが、割合快適でした。
唯一残念なのは、ANAともJALとも提携していないため
マイルが貯められないこと。

色々リサーチしてみたところ
今後JR東日本とANAが提携するSuicaカードができるようなので
こちらでこまめにマイルを貯めようと思います…


今日はひとまずこの辺で。
ハワイについてはまた別途感想等をまとめてみたいと思います。

| | コメント (2)

2008/07/21

Nikko sightseeing

1泊2日で日光に行ってまいりました。
ということで旅行メモ。

<初日>
日光81号で下今市へ
下今市でレンタカーを借り、中禅寺湖を目指す。

マルヨさんの運転のおかげで
酔うことなく第二いろは坂をクリアし、中禅寺湖へ。

マルヨさん曰く、いろは坂は「小腸みたい」な坂だそうです。

そのまま戦場ヶ原まで足を延ばし、しばし休憩の後
中禅寺湖まで引き返して昼食。

夏休み初日とはいえ、土曜だからか
湖は閑散として、ちょっと活気のない様子でした。

昼食後は、華厳の滝を目指すも
道を間違え一気に下り専用の第一いろは坂に突入し
その後は足尾銅山方面へ。

足尾銅山は、実際に中を見学できるようなのですが
時間の都合で断念。日光市内の宿を目指す。
さらに時間があれば、わたらせ渓谷でトロッコ列車にも乗ってみたかった…

ちなみに今回は、こちらの宿に泊まりました。


<2日目>
下今市まで戻りレンタカーを返却。
電車にて東武日光を目指す。

駅からは、徒歩で東照宮方面へ。
バスに乗らずとも、歩くのがお嫌いでなければ30分程度で歩ける距離です。

日光山輪王寺は三仏堂、大護摩堂を経て日光東照宮へ。
三猿、陽明門、眠猫を一通り見学、奥社を回り
本殿をお参りしたあと、本地堂で鳴竜の鳴き声を聞く。

葵横丁で少し休憩し、
駅から東照宮への道で折り紙好きのマルヨさんがポスターを見つけた
吉澤 章 創作折り紙展」を観に
日光田母沢御用邸記念公園に向かう。

吉澤 章さんは、折り紙を世界に広めたすごい人なのだとか。
一枚の紙から折り上がる実に表情豊かな動物たちを観ることができて
ちょっと感動でした。
ご本人はすでに亡くなられているのですが
奥様が2万点におよぶ作品を常設できる場所を探していらっしゃるのだとか。
いい場所が見つかるといいですね。

御用邸から東武日光駅まで戻り、日光84号にて帰京。


<交通>
新宿が最寄りのターミナル駅の方は
新宿発で東武線東部日光駅に乗り入れる特急日光号がおススメです。
連休中やシーズン中には臨時列車も出るようで
ガイドブックには掲載されていない電車もあります。
こちらの時刻表を参照されるのが、確実かと。

今回は中禅寺湖まで足を延ばす予定だったので
初日だけレンタカーを借りたのですが
3日前の予約では、「トレン太くん」はすでに満車。
結局手前の「下今市」でトヨタレンタカーを借りました。

トレン太くんが借りられれば、電車の割引もあったのに…

二日目は、すべて足で回りました。

| | コメント (2)

2007/03/20

Kyoto Sakura Challenge 2007

京都に行ってまいりました。
今年は、桜の開花が早いとの予想に
些かの期待をもって旅を企画しましたが
やってくれました、気象庁。
何でも開花予想の計算を間違えたらしく
京都は冬真っ只中、雪も降っておりました。

悔しいので、今後も桜の頃に京都にでかけ
いつ完璧な桜に出会えるか、
チャレンジしようと思います。
参加されたい方は、ご一報を(笑)。

以下は今回の旅行メモ。

<初日>
京都駅伊勢丹にて「はつだ」の牛丼弁当を購入。
ホテルでタダ券をもらったので、京都タワーに登ってみる。
三十三間堂→清水寺
高校の同級生と夕飯

<二日目>
金閣寺 今回初めて金ピカの金閣を見ました。
(ン十年前の修学旅行のときは、改修中)
足利義満が建立したと思っていたのですが
ガイドブックによると、元々は西園寺家が所有していたのだとか。

龍安寺 石庭見学の後、敷地内のお店でゆどうふを食す。
大覚寺 
京都駅ポルタ内の洋食屋さんにて夕飯。
京都駅伊勢丹の鶴屋吉信にて1個420円の
さくらの重菓子を購入してみました。う、うまい…。

<交通>
今回は、市バス、京都バス、市営地下鉄が
2日間乗り放題の県を購入しました。
実は、殆どの場所は市バスで回れるので
市バスの1日券を買った方が安上がりでした…。

| | コメント (3)

2007/01/17

Kiftsgate Court Gardens

NHKで特集をやっていました。
イギリスに行くことがあれば、是非立ち寄ってみたいです。

http://www.kiftsgate.co.uk/index.shtml

| | コメント (0)

2006/10/30

I'm home!

2週間に渡って、米5州、9つの国立公園、
走行距離2478マイル(約4000km)走破してまいりました。
(自分が運転したわけではありませんが。)

取り急ぎ、無事帰国のご報告まで。


| | コメント (0)

2006/10/13

Sabbatical Part 3

いよいよ今日からです。
明日からは、2週間ほど音信不通になりますが
心配されませぬよう。
帰国は30日(月)の予定です。

とっくに終わっているはずの仕事が
延び延びになっていたり、
昨日いきなり降ってきた仕事があったり。
なんだかんだで今日も自宅で半分仕事してたりしますが
幸いなことに、明日からはネット環境にないので、
仕事が追いかけてくることはありません。

後を託してきた後輩にはかな~り後ろめたいですが、
後輩よ、この機会に大きく羽ばたいておくれ!

さ、今からパッキングです。

| | コメント (0)

2006/09/17

Sabbatical Part 2

前回のエントリ

来月中旬より行使することにしました。

「えー、3月(=暇な時期)に取ると思った。」

上司の声を振り切って(?)、チケット取っちゃいました。

人間、思い立ったが吉日、行動あるのみ、です。はい。

というわけで、10月14日に日本を発ち、

LAからグランドサークルを一周する

Trek America社主宰の2週間のキャンプツアーに参加してきます。

(旅程詳細はこちらでどうぞ。)

とはいえ、これまでアウトドアの「ア」の字もない生活を送ってますので

諸々準備が大変です。

本日は、御茶ノ水でトレッキングシューズを購入してきました。

(このエピソードはまた後日)

今は、念のためを考えて-10度に耐えられる寝袋を探しております。

今回勉強したのですが、寝袋はまず、旅行先の気温から

選択肢をふるいにかけていくようです。

素材はダウンと化繊があり、ダウンの方が小さく・軽く・高く・快適だそうです。

が、今後の使用頻度を考えると、そこまで投資をするべきかどうか

心を決めかねております。

このエントリをご覧になられているキャンプの達人がいましたら、

是非、上手な寝袋の選び方、ご教授くださいまし。

| | コメント (0)