2009/06/16

The reason I can't blog these days...

このところ、なかなかブログの更新ができません。

相対的に帰宅時間が遅くなっていたり
自宅のPCがマルヨさんに占拠されていたりするのも主な理由ですが、
日々ネタを見つける、
それに対して自分なりのコメントを綴るというのは
なかなかハードルが高いなあ、というのがこのところの感想です。

一方、最近実験的に活用しているのがFacebookとTwitter。
FacebookはMixiのような
ソーシャルネットワーキングサービスで、
Twitterは、今自分がしていること・つぶやきたいことを
140文字で投稿できるサービスです。

いずれも米国発、日本語に対応しています。
日々のちょっとした、得てしてくだらない一言も
投稿できる気軽さがいいなあ、と感じています。

とはいえ、あまり文字数の多いものはこちらに向かないので
ブログも定期的に更新できるよう、ネタ探しに励みます。


ちなみにTwitterは、CNNとアシュトン・カッチャーがどちらが1000人の読者
(follower: フォロワー)を先に集められるか競ったり

サンフランシスコ市が市民窓口を開設したり
DellがTwitter経由で300万円の売上を出したり
「ターミネーター4」のプロモーションに使用されたり
マーケティング業界でにわかに注目を集めています。

ご興味のある方、一度試してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (2)

2008/12/22

Motivation...

ずいぶんご無沙汰してしまいました。

秋以降、なかなか仕事へのモチベーションが上がらず
悶々としている間に、別の仕事を突っ込まれ
他の仕事の量は減っていないので、必然的に残業が増え…crying
という生活でした。

悶々としていたのは、査定の結果があまり芳しくなかったこととか、
後輩への指導の仕方とか、苦手な人とチームを組まなくては
いけなくなったりとか、自分の限界が見えてきたりとか
そんな理由だったのだけど、

そうこうしている間に、某USの証券会社が破たんしたり
日本のメーカーが人員削減に乗り出したりと
世の中の情勢が変わってしまったので
今は仕事があるだけマシか、という心境に至っております。。。

週末は、"Working Girl"を観直して、自分に喝を入れました。

| | コメント (2)

2008/06/24

Working at home

先週、何の前触れもなく会社のパソコンが壊れました。
被害はさほど大きくないのですが
問題は、会社に余分なパソコンが1台もないことです。

いや、あるにはあるのですが…
スペックが低すぎて仕事にはなりません。

一方、我が家のパソコンはマルヨさん用に
こんなスペックですし、光回線入ってますから
パソコンの動作でいえば、快適なことこの上ありません。

というわけで、パソコンが修理から戻ってくる間
10日~2週間ほど自宅で仕事をすることになりました。

「働き方」の選択肢の1つとして在宅勤務ってありじゃん?
と考えていた身としては、試してみるちょうどよい機会です。
幸い私の仕事は、Word, Excel, PowerPointに
ネット回線、電話にIMがあれば何とかなってしまいます。

マルヨさんにその旨を伝えると
「電話・電気代は会社が払ってくれるの?」

そ、そうよね。
電話は会社から折り返してかけてもらえばいいとして、電気代は…。
もし会社に請求できるとしても、どう計算するの?

通勤電車に乗るストレスがなかったり、
朝、もしくは仕事の合間にちょっと家事をする余裕ができたり、
はたまた電話の音や人の話声がないので仕事に集中できる、
というのは在宅勤務の良い点かと思いますが、
その環境構築、ランニングコストの支援をどれくらい
会社がしてくれるのか、という課題もあるなあ、
と感じている在宅勤務二日目です。


仕事の環境といえば、座り心地の良い椅子も必須ですね。
我が家のパソコンデスクは現状パイプ椅子にて
腰が段々ツラくなってきています。アーロンチェア欲しい…。

| | コメント (4)

2008/05/31

Japan passing

私が子供のころは、Japan-bashingと言われておりましたが
今はJapan-passingだそうです。
先日某NHKディレクタの講演に参加する機会があり
そのことを身近に感じました。

質疑応答の際、「各国の政府高官等にどうやって
取材のOKを取り付けるのですか?」と尋ねられたディレクタ、
「日本でNHKといえば話は早いが、海外に出ては別。
以前は『日本のBBC』といえばある程度通ったが、
今は『日本の』という部分が効かなくなってきている。
故に、取材を断られることもしばしば」と回答。
(注:大まかに要約しています。)

折しも今週、テレビではアフリカ開発会議のニュースが盛りだくさん。
曰く、日本の方がODAで貢献しているのに中国より存在感が薄いとか。
そこで思い出したのが以前のエントリ。
The power of mass media

例えばベンチャー企業でも、シリコンバレーあたりの企業は
立ち上げの頃から海外進出を念頭に入れ
PR会社を使って各国での認知度を上げる、という手法を取っています。
中国も、北京オリンピックを招へいする際はPR会社を雇いました。

一方日本。
10年以上前ですが、私が海外にいた頃は
日本のニュースは殆ど耳にしませんでした。
(海外の皆さん、最近はどうでしょう?)

自民党がPR代理店を雇ったこと自体がニュースになる国なので
まだまだかもしれませんが、黙っていては誰も何も認知してくれません。
そろそろ積極的に声を上げる、ということを始めたほうがいいのでは、
と思った次第です。

| | コメント (0)

2008/03/31

The passion for your work

同僚に借りて読了しました。
謎の会社、世界を変える。~エニグモの挑戦

読後の感想は、学生のうちにもっと本を読んでおけばよかったな~。
の一言に尽きます。
エジソンやリンカーン、野口英世なんかの伝記は
もちろん読んでいたわけですが、彼らは雲の上の人。
他に読んでいたのは専ら小説とかエッセイの類だったので
もっと、身近な方の仕事のお話をケーススタディとして読めていれば、
人生の選択肢が拡がった(かもしれない)気がしています。

私が学生の頃って、そもそもこういう本あったかな?


実は、彼らの立ち上げのサービスのPRをウチの会社がお手伝いしたので
(文中に出てくるプレスリリースは上記同僚作です。ちょっと宣伝。)
創業当時から存じ上げているワケですが
同い年の方による企業とは知らなかった…。

創業者のお二人は、とにかくアツいです。
試行錯誤しながら、目標に突き進んで行く彼らの話を読むと
自分も何か始めなきゃ!という気にさせられます。

仕事にモヤモヤしている方、進路を考えている方には、
是非おススメの1冊です。


ちなみに、在海外でちょっとお小遣い稼ぎをしたい方、
海外に欲しい品物があるのだけど、
個人輸入はハードルが高いという方に
一度のぞいてみて欲しい彼らのサービス「BuyMa」。
アバクロは、結構人気があるそうですよ。

個人的にはTYRの水着なんかもよいのでは?と思ってます。
日本だと購入しにくく(デザインが違う)、
オンラインショップでは国外にShippingしていないので。

| | コメント (2)

2008/02/26

Do you deserve it?

だから技術者は報われない

青色発光ダイオードといえば、今や知らない人はいないですよね。
昨年、一昨年あたりからクリスマスに青いイルミネーションが
目につくようになっていますが、あれ、です。
その開発者である中村修二さんに纏わるコラムですが
この状況、技術者に限ったことじゃないよなあ、と思いながら
興味深く拝読しました。

マルヨさんの属すゲーム業界もかなりひどいです。
テレビ業界と同様、狭き門に入りたい人々の列は絶えず、
企業は従業員のgood willに完全に甘えています。
効率よく仕事をし、生産性を上げているわけではないのに
より長い時間会社にいて、週末も出社し、挙句
会社に寝泊まりする人のほうが評価が高くなるそうです。

その会社のリーダーは言うそうです。
会社は教育を施す気はない、
ついてこれない人間は、脱落してよい、と。
ゲームに夢をもって入社してきた若者は
10年もたてばボロボロです。

若者の夢と時間を搾取することで成り立っているこの業界、
自ら、自分たちの首を絞めている気がしてなりません。

| | コメント (6)

2007/12/26

OJT at beauty salon

OJT (on the job training) = 実際の職務を通して経験を積むこと。

4か月ぶり(!)に美容院に行った今日ふと思ったのですが
美容師さんのお仕事って完全なOJTですよね。
学校を出て資格を取った後、床掃き、シャンプーに始まり
ブロー、カラー、パーマのアシスタント時代を経て
ロッドの巻き方にダメ出しをもらいながら
ようやくカットのできる一人前のスタイリストへ。

髪が切れるようになっても、お客さんをキープするには
技術に加えそれなりの話術も必要です。
新しいヘアスタイルの提案もできなければいけません。

雑誌で紹介されているスタイリストさんは
指名で新規顧客を開拓できるかもしれませんが
新人では望み薄です。先輩方の詰まり具合によっては
いずれほかのサロンに移籍を考える日も来るかもしれません。

これって何だか私のお仕事とよく似ています。

そんなわけで、美容院に出かけると鏡越しに
美容師さんの手つきを盗んだり(無理だけど)
スタイリストさんとアシスタントさんのコミュニケーション
なんかを観察するのが好きです。

| | コメント (0)

2007/12/25

10 years

今年~来年にかけて
社会人10年目の年にあたります。
ちょうど年末で時間もあるので
これまで携わったクライアントさんの業種を
リストにまとめてみました。

98 大容量記憶装置、パソコン
99 半導体
00 ゲーム機
01 ファーストフード、通信
02 通信機器(メトロ系)
03 通信接続サービス、通信機器(コア系)
04 通信機器(メトロ系)、無線LAN、ウェブフィルタリング、半導体、国際通信
05 セキュリティ機器
06 ディスプレイ技術
07 仮想化関連、ハードディスク

うーん、思えば遠くに来たものです。

| | コメント (2)

2007/12/19

Mixi for business

週末の牡蠣鍋パーティにて。

「昨年『牡蠣鍋やりました~』ってMixiに書いたら
広島で牡蠣の養殖やってる人の足跡がついてたんだよね。
今年の牡蠣はその業者さんからのお取り寄せです~。」

と、まるよさんの同僚。

うわっ、Mixiでビジネス成立してるよ。
すげ~。

と思った次第であります。はい。

| | コメント (2)

2007/11/21

When you delegate

Delegation = 権限や仕事の委任、委譲、といった意です。

以前放映していたドラマ「バンビ~ノ!」では
主人公のバンビを取り巻く人物相関図を興味深く拝見してました。

カリスマオーナーシェフ、宍戸鉄幹。
その右腕として厨房を取り仕切る副料理長、桑原敦
3番手で教育係(?)、口より手の方が早いパスタ担当、香取望
サービスのプロ、バンビを暖かく見守る愛溢れる給仕長、与那嶺司
無口で根っからの職人肌のドルチェ担当、織田利夫
などなど。

それぞれ立場が違うので、バンビへの接し方も様々です。
自分の場合、一番最初にお世話になった先輩が
非常に面倒見の良い、気持のよい方で
自分に後輩ができたらお手本にしようと考えていました。

いざその立場になると、いやあ、難しいですね。
上司も様々ですが、後輩も様々。
教えることの難しさに日々悶々としています。

あ、愛、愛ですよね、与那嶺さん…。

| | コメント (0)